●宮下浩司(「魂WAVE」)
まず最初に、この楽曲を製作するにあたり「赤(情熱)」というコンセプトがあったのですが、
その「赤」に基づきイメージすればするほど、ステージに立つ彼女の姿が浮かび、重なりました。
なのでライヴという空間をかなり意識してメロディーを書き下ろし、アレンジしました。
あと今回初めてRAPに挑戦しています。
彼女がどのように消化し表現したのか、注目していただきたいと思います。

 

●俊龍(「Ocean of Lights」「Can you save my heart?~for KANADE~」 )
Ocean of Lightsは、かなでさんが持つ「歌う」ことへの決意を表した曲です。
たくさんのライブを重ねてきた日々、ステージに立つまでの期待と不安、そしてファンのみなさまに勇気をもらい、
今度はかなでさん自身がみなさまをもっと輝かせるべく、また歌い続ける、というドラマをメロディーと歌詞に込めました。
既に応援してくださっている方々、またこれから出会うであろう多くの方々と、共に大きな光の海を作り出していっていただきたいです。
希望も不安も痛みも勇気も全て分かち合おう、そのような気持ちで、一緒に盛り上がっていただけたら嬉しいです!

 

●米倉千尋(「未来への前奏曲(プレリュード)」)
かなでももこさんの記念すべきデビューアルバムへの楽曲提供ということで、真心込めて制作させて頂きました。
かなでさんの輝く未来、昇る太陽の輝きを黄金色(きんいろ)で表現しています。
彼女の伸びやかな歌声を聴き手の心へと響かせられるように、広がりあるバラードになっています。
この歌が、かなでさんがこれから奏でて行く歌人生のプレリュードとして彼女にずっと寄り添える作品になって頂けたら嬉しいです。

 

●霜月はるか(「fragment」)
歌は以前より聴かせて頂いていたので、最初にお話頂いた時にはどんな風に化学変化が起こせるかなとワクワクしました!
まだ楽曲提供の経験は浅いので、お声がけ頂いて、更に非常に私らしい方向性を求めて頂けて嬉しかったです。
制作時はかなでさんの声のイメージの中で、割と自由にのびのび作らせて頂きました。
歌詞では架空の幻想世界のお話のようで、かなでさんの活動にも少しリンクするような内容を意識しています。
是非今回のコラボ、楽しんで頂けたら幸いです!

 

●摩天楼オペラ Vo.苑(「嘘のない私で」)
今回の要望で意識したのは「かなでももこらしさ」と「摩天楼オペラらしさ」の融合、それに”妖艶”をプラスすることでした。
お会いした印象だと妖艶というよりは純粋で明るい透明感のある印象。
これはあんまり妖艶に持っていくと、かなでさんの良いところを消してしまうな、と思いました。
そこで”妖艶=生身の女性らしさ”と解釈して、女性があまり男性に言わない、でも実は求めている、、ところを意識して作詞してみました。
これは歌い手によって妖艶にも純粋にもできる曲です。
かなでさんがどういう色でこの曲を歌い上げるか、本当に楽しみです。

 

●YOFFY(サイキックラバー)(「Dream on Dreamer」)
今回、縁あってアルバムに楽曲提供させていただきました!
この楽曲「Dream on Dreamer」は壁にぶち当たりながらも夢に向かってひたむきに進んでいく女性を描いた、ズバリ“スポ魂ROCK”です。
一見クールな印象のかなでさんですが、何度かステージを観させていただき、
猛烈にタフなイベントスケジュールをこなすその姿はまさしく昭和の”スポ魂”そのものだったのです!
倒れても倒れても不屈の闘志でステージに立ち向かう勇者かなでももこ!!
勝利を掴み雄叫びを上げるその日まで走り続けてください、ガオーーー!!
 
CLOSE